1. ホーム
  2. 製品
  3. PDFlib/PDI/PPS
Product

PDFlib Personalization Server(PPS)

PDFlib Personalization Server(PPS)は、静的なものという PDF ドキュメントのコンセプトを広げることを可能とした製品です。 PPS では「PDFlib ブロック」という新しいコンセプトにより、PDFファイルの内容の動的変更をより簡単に実現することができます。

PPS では PDFlibPDFlib+PDI の全ての機能に加え、雛型となる PDF の文字等を差し込む箇所に、あらかじめ「PDFlib ブロック」を指定することにより、プログラムから座標を指定せずにそのブロックに対して文字などを埋めることができます (機能比較に関してはPDFlib/PDI/PPS 機能比較をご参照ください)。

PPS の二つのコンセプト

Acrobat用PDFlibブロックプラグイン は、既存のPDFファイルのプロパティに加え、デザイナが「PDF ブロック」と呼ばれる領域を、対話的に定義することを可能にするプラグインです。PDFlibブロックにより、プログラム中からテキスト、画像、PDFデータを設定することが可能となります。

PPS のPDFlibブロック処理は、読み込んだPDF 上のPDFlib ブロックと、(例えばデータベースのフィールドのような)動的なデータを結びつけることを可能にします。開発者はPDFlibブロックの位置や、フォントの種類やサイズといった設定についてはまったく知る必要がなく、PDFページのデザインやレイアウト変更を独立して行うことが可能となります。

フォームの代わりにブロックを使う理由

PDF のフォームと最も異なる点は、フォームが(その PDF ファイルを参照しているユーザによる)対話的な入力を目的としているのに対し、PDFlib ブロックは(プログラムによる)自動入力を目的としていることです。

対話的な入力と自動入力の両方が必要なアプリケーションでは、フォームをブロックに自動変換する機能を使うことで簡単に双方の要求を満たすことができます。両者のコンセプト間には多くの類似点がありますが、PDFlib ブロックにはフォームに比べて、いくつかの利点があります。以下の表をご覧ください。

機能 PDF フォーム PDFlib ブロック
目的 対話的入力 自動入力
書式関連機能(フォントやサイズの選択以外) - カーニング、単語間の調整、下線、取り消し線
フォント調整 フォント埋め込みのみ フォント埋め込み、サブセット、エンコーディング
マージ結果はPDFページ記述の一部分として統合されるか No Yes
統合されたフィールドの内容をユーザが編集可能か Yes No
プロパティを拡張可能か No Yes(カスタムブロックプロパティ)
カラーサポートの種類 RGBのみ グレースケール、RGB, CMYK, スポットカラー、Lab
PDF/X 互換か No Yes(ブロックテンプレートとマージされた結果の両方共)
画像や文字列のプロパティを上書き可能か No Yes

パッケージのダウンロード

PPS は他の PDFlib ファミリの製品 (PDFlib / PDFlib+PDI) と共通のファイルで提供されています。 ファイルは使用するプログラム言語毎に分かれていますので、ご使用の言語ファイルをダウンロードしてください。ファイルには英語マニュアルが同梱されています。日本語マニュアルは別途ご入手ください。

PPS はライセンスキー無しでもすべての機能(最大機能であるPPSの機能セット)を使用することが可能です。 ライセンスキーが無い場合は、生成した PDF ファイルの各ページに「www.pdflib.com」というデモスタンプが表示されます。

 PDFlib / PDFlib+PDI / PPS ダウンロード
  -  お使いのOSと開発言語に対応する最新モジュールを入手し、早速ご確認ください。

 マニュアル
  -  チュートリアルやリファレンスなどはこちらよりご確認ください。日本語のマニュアルもございます。

 PDFlib 日本語リソースキット
  -  日本語等、CJK(日中韓)の文字列を出力する場合は日本語リソースキットもご確認ください。