1. ホーム
  2. 製品
  3. PDFlib/PDI/PPS
Product

PDFlib+PDI(PDI)

PDFlib+PDI(PDI)では PDFlib の全ての機能に加え、既存の PDF ファイルを読み込み、座標を指定して線や文字などを追加して、PDF ファイルを再生成することができます。

PDFlib に関しては PDFlib の機能 を参照してください。

既存の PDF ファイルを読み込むことができるため、あらかじめ雛形となる PDF を Adobe Acrobat Elements のような製品で作成しておき、その PDF を読み込んで氏名や住所などの項目を指定して PDF を再生成する、といったことが簡単に実現できます。

PDFlib+PDI で可能なこと

  • 帳票のPDFを読み込み、氏名や住所など動的なデータを上から重ねる
  • 複数のPDFファイルから複数ページを交互に重ね合わせる
  • 既存の文書に広告を追加する
  • 必要のない箇所のトリミングや拡大を行うのために、見えている領域をクリップ
  • 複数ページを1ページに統合する
  • ヘッダ、フッタ、社印などのテキストやロゴマークを、既存のPDFに追加

こうしたPDIの機能は、簡単に利用可能な PDFlib の API に統合されています。PDFlib と同様に PDFlib+PDI も完全にスレッドセーフで、サーバ用途に適しているため、Acrobatの製品は全く必要ありません。PDFlib がサポートしている開発言語は全てPDIでもサポートされています。

なお、PDF ファイルのインポート機能はページの実際のコンテンツのみを取り扱い、ハイパーテキスト要素は無視されますのでご注意ください。また現時点では PDFlib+PDI は既存の PDF ファイルのページ内容を変更することはできません(ただし、上から重ね合わせたり、PDFlib ブロック を使用して新しいコンテンツを追加することは可能です)。

パッケージのダウンロード

PDFlib+PDI は他の PDFlib ファミリの製品 (PDFlib / PDFlib Personalization Server (PPS)) と共通のファイルで提供されています。 ファイルは使用するプログラム言語毎に分かれていますので、ご使用の言語ファイルをダウンロードしてください。ファイルには英語マニュアルが同梱されています。日本語マニュアルは別途ご入手ください。

PDFlib+PDI はライセンスキー無しでもすべての機能(最大機能であるPPSの機能セット)を使用することが可能です。 ライセンスキーが無い場合は、生成した PDF ファイルの各ページに「www.pdflib.com」というデモスタンプが表示されます。

PDFlib / PDFlib+PDI / PPS ダウンロード
お使いのOSと開発言語に対応する最新モジュールを入手し、早速ご確認ください。
マニュアル
チュートリアルやリファレンスなどはこちらよりご確認ください。日本語のマニュアルもございます。
PDFlib 日本語リソースキット
日本語等、CJK(日中韓)の文字列を出力する場合は日本語リソースキットもご確認ください。